FC2ブログ

横手市の大原美術館展を鑑賞・・・

 秋田県近代美術館開館20周年記念大原美術館展が余すところ2週間となったので、あまり混雑
しないうちにと娘を誘って横手市の秋田ふるさと村に出かけた。
         DCF00021_20140831162843589.jpg

 9時過ぎに自宅を出て到着したのが10時、駐車場は土曜日でもあり、普段より車が多い。

 で、県立近代美術館の展覧会チケット売り場まで来て思い出した、ネットの秋田魁HPで
展覧会の割引券をダウンロードしたまま家に忘れてきたことを。おかげで二人分400円を
儲けそこない、2400円を支払って5階の展示室へ。
 やはり人気の展覧会のせいか人出が多く。

縮小2014娘函館旅行-1388

 展示作品は68点、これを4コーナーに分けてその1がクロード・モネ(積みわら)やセガンティーニ
(アルプスの真昼)他、その2が江戸アルド・ムンク(彼に絵は“叫び”に象徴されるようにどこか不気
味で影がある)やアンリ・マティス(あまり印象に残らなかった)、岸田劉生(孫)他、その3が草間彌生
(秋田市アトリオンの千秋美術館でも個展が行われているが凡人には全く理解できず)、その4が
安井曽太郎(孫:絵的にはそんなに好きではない)他鴻池朋子(彼女の絵は美しいがどこか不気味
な第一章)。

 で、なんといっても心に残ったのはやはりクロード・モネの「積みわら」やセガンティーニの「アル
プスの真昼」、でもアルプスの真昼、今まで気づかなかったが帽子の下に目が書かれてあり、そ
の目が顔に衷心よりずっと上に見えてなんかバランスが取れていなかった。
どうせなら同じモネの「日傘をさす女」のようにあるか無しか、あるいは目をまったく描かなければ
よかったような、などというのは素人の考えか・・・。

 結論、素人の絵画鑑賞というものは前衛的なものや抽象的な絵画はよくわからない、写実的で
ほんわかしているのが良い絵に見えるというのがわかった。もう少し絵の深みに対する善し悪しが
わかるようになりたいもんだと・・・。

 で、見終えた後、毎度訪れる6階の常設展へ・・・。

 ここでは『恋する日本画』と称して展示・・・

 おなじみの平福親子、寺崎広業、鏑木清方、小田野直武など、これらもまた見ごたえがあった。
 特に、藤田嗣治「オペラ座の夢」は小品だったがほかの作品より好きだねえ、な作品であった。
もちろん助平心で言っているのではなく純粋に芸術として・・・。

テーマ : 今日のつぶやき。
ジャンル : 日記

プロフィール

ひぐらし仙人

Author:ひぐらし仙人
■現 況:世知辛い現代を愚痴りつつのスローライフ
■年 齢:遅れてきた団塊世代
■住まい:東北 鳥海山北麓の小都市
■趣 味:
・花と野菜づくり
・熱帯魚飼育
・写 真
  PENTAX K20D K-5Ⅱs
  Nikon 1 J1(W)ダブルズーム
交換レンズ
   ペンタックス 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR 18-270mmF3.5-6.3ED SDM
    FISH-EYE 10-17mmF3.5-4.5ED[IF]  35mmF2.8MacroLimited
      DA★300mmF4ED[IF]SDM        シグマ APO50-500mm
   タムロン SPAF90mm
  O-GPS1
  三 脚SLIK724PRO
VelbonULTRA Maximini
   …年数はやたら長いが全く上達せず

・愛犬シェルティとのウォーキング
・料理

ようこそ我が家へ
リンク
カレンダー
07 | 2014/08 | 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
今日は何日?
潮見表
由利本荘沿岸の潮汐
日本列島の天気予報
カテゴリ
人気ブログランキング
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ
blogram投票ボタン
日本ブログ村 ランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ にほんブログ村 写真ブログへ にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ
読んでます
メール歓迎

名前:
メール:
件名:
本文:

スピッツ名曲集
むすめの好きな…


presented by スピッツYoutube

マンスリーひぐらしウォーク