FC2ブログ

四国八十八カ所クルマ遍路の旅 菩提の道場伊予愛媛の第43番札所『明石寺』の次はちょっと寄り道して『大洲城』・・・。

 43番明石寺を出て、順番から行けば44番大寶寺となるのだが、そこまでの
距離は80㎞ほどで2時間ほどかかる。

 で、無理をせずに途中の大洲城を見学してそのあと道の駅内子フレッシュパーク
からりで車中泊することにした。明石寺を午後2時に出発して大洲市までは23㎞、
それから内子までは15㎞なので大洲城に寄り道しても午後4時には到着する計
算、そうすれば内子の町にあるあの内子座も見学できるだろうという計算を立てた
わけだ。

 で、43番明石寺を出て1㎞ほど来た道を戻り西予宇和インターから松山自動車
道に上がり大洲北只で下りて(と言っても高速はここでいったん途切れ大洲市の
東側を迂回する国道56号バイパスとなり、再度大洲インターで松山自動車道が
始まるのだが)国道56号で市内中心部に入り、市役所交差点で右折、その後右折
左折を繰り返すと肱川沿いにある大洲城直下の市民会館の有料駐車場に到着、
距離にして23㎞、30分ほどの道のり。

 実は、ここの大洲城の観光パンフレットも4月に大洲市の観光課へEメールで依頼
したら迅速に郵送していただいた。しかも、大洲城、伊予の小京都大洲、大洲観光
イラストマップなどのパンフレットの観光駐車場の位置にはボールペンで印まで付け
てあり、まさに痒いところに手の届く気配り。
 やはり、地域おこし、観光にかける地域は宇和島市もそうであったが、対応が丁寧
で素早い。ところが今の行政組織は東日本大震災への対応でもわかるように末端の
行政組織はしっかりしているのに、それが上に行くにしたがって完全に機能不全、国
レベルの行政能力、政治能力たるや目を覆うばかりで本当に困ったもんだ、などと話
は脱線してしまったが・・・。

 いずれにしても、丁寧な大洲市役所の担当者の方にお礼を申し上げたい。

 ここにも城下町の風情が・・・
         城下町のたたずまい

大洲城2

 登城口を上り始めたら、中学校の課外活動なのか、トレパン姿の中学生たちが後
から大挙して上ってきた。
 男の子たちは無口で上っていくが、女の子たちはキャッキャキャッキャと元気がよい。
脇を通り過ぎる時には「こんにちは」とあいさつをしていく。こちらもつられて、「おう、
御苦労さま、元気だねえ」と言うと、それに反応してまたキャッキャキャッキャと何とも
かわいらしい。
元気な中学生たちが
 
 久しぶりにわが鳥海山北麓の旧町の母校の中学生たちにあったような。というのも、
わが母校は礼節を重んじ、教育はまずしっかりとしたあいさつのできる子供たちを育て
ることからを信条としており、子供たちとすれ違うたびにあいさつされ、こちらのほうが
気恥かしくなるほど。だからこの女の子たちとわが母校の子供たちが二重写しになっ
たわけだ・・・。

 やはり城下町で育った子供たちは雲助町で育った子どもたちとは品が違うね、など
と・・・
 
 ところで、この大洲城天守閣は明治期に取り壊されて平成になって木造で復元され
たものだそうでどこか威厳に欠けるような。
大洲城1

大洲城5

大洲城4

大洲城3

 それでもやはりお城のある町はうらやましい。
大洲城6

 わが旧町もお城はなく陣屋だったがそれも戊辰戦争で焼け落ちた。あれが残っていた
ら地域の人たちの拠りどころであったろうと。復元陣屋はあまり聞いたことがないが、残っ
ていれば結構地元の大事な文化資源になるだろうと改めて思う、
 以前、町幹部にそんな提案をしたこともあるが財政難だったらしく・・・。

 城の下を流れる肱川にはボートのクルーがオールを漕ぐ姿も見えて、なんか石坂洋次
郎の世界のようで・・・。
眼下に肱川を望む

 日本の城には①現存天守閣(12城:江戸時代からそのまま維持管理が継続されてきた
天守)、②復元天守閣(木造と鉄筋コンクリート造があり 木造の場合は、外観から木組み
等に至るまで廃城前の姿に復したもので復原天守とも、鉄筋コンクリート造の場合は外観
のみを元通りに復元)、③復興天守閣(天守が実在したという資料はあっても旧観とは異な
る外観で再築した建物)、④模擬天守(本来は天守が存在しなかったのに建てたり、あって
も異なる場所に新築した建物)、⑤天守台のみの城などいろいろあるが、今回の旅行で廻
ったうちの①が高知城、宇和島城、松山城、丸亀城、彦根城、丸岡城、④今治城、⑤安土
城、そしてここ大洲城と高松城が②の復元天守閣で、しかも大洲城は復原天守なのでより
昔の姿に忠実に再現されていることになる。

 日本三名城に数えられる熊本城②、大坂城③、名古屋城②が、鉄筋コンクリート造りと
いうのも、なんか味気なく・・・。

ただひとつ、大洲城のことで言わせてもらえば、あの石垣やら本丸やらにやた
らと立ててあった幟、あれはせっかくの情緒が台無しになり、
興ざめしてしまうので撤去するか目立たなくしたほうがよい。
 でないとせっかくの復原天守がいかさまの安っぽい模擬天
守になってしまう
から・・・。

 で、30分ほどで見終えたが、もう少し時間にゆとりがあれば同じ市内の臥龍山荘や中江
藤樹邸跡なども見てみたかった。

 そうそう、パンフレットには詳しい説明がなかったが、確かNHKでも放送したことのある、
あの肱川河口で秋から冬にかけて見られる周辺が殆ど無風に近いときに冷たい霧を伴っ
て吹く局地的な強風「肱川あらし」、あれも見てみたいもんだ・・・。

37番岩本寺から38番金剛福寺までの画像をデジブックのスライドショーで見る


28番大日寺から36番青龍寺までの画像をデジブックのスライドショーで見る

1番霊山寺から27番札所神峯寺までの画像をデジブックのスライドショーで見るにはこのブログを開く
≪四国八十八カ所クルマ遍路の旅 修行の道場土佐36番札所『青龍寺』≫

http://control.blog.fc2.com/control.php?mode=editor&process=load&eno=887


人気ブログランキングへ
blogram投票ボタン
http://ping.blogram.jp/rpc/85340

テーマ : 城めぐり
ジャンル : 旅行

プロフィール

ひぐらし仙人

Author:ひぐらし仙人
■現 況:世知辛い現代を愚痴りつつのスローライフ
■年 齢:遅れてきた団塊世代
■住まい:東北 鳥海山北麓の小都市
■趣 味:
・花と野菜づくり
・熱帯魚飼育
・写 真
  PENTAX K20D K-5Ⅱs
  Nikon 1 J1(W)ダブルズーム
交換レンズ
   ペンタックス 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR 18-270mmF3.5-6.3ED SDM
    FISH-EYE 10-17mmF3.5-4.5ED[IF]  35mmF2.8MacroLimited
      DA★300mmF4ED[IF]SDM        シグマ APO50-500mm
   タムロン SPAF90mm
  O-GPS1
  三 脚SLIK724PRO
VelbonULTRA Maximini
   …年数はやたら長いが全く上達せず

・愛犬シェルティとのウォーキング
・料理

ようこそ我が家へ
リンク
カレンダー
06 | 2012/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
今日は何日?
潮見表
由利本荘沿岸の潮汐
日本列島の天気予報
カテゴリ
人気ブログランキング
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ
blogram投票ボタン
日本ブログ村 ランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ にほんブログ村 写真ブログへ にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ
読んでます
メール歓迎

名前:
メール:
件名:
本文:

スピッツ名曲集
むすめの好きな…


presented by スピッツYoutube

マンスリーひぐらしウォーク